2018年4月15日日曜日

iPad版のクリップスタジオペイントでアニメを作ろう6 フォルダをセルとして指定する

 これまでで、iPad版のCLIP STUDIO PAINTでは、タイムラインにセルを指定すること、そのセルに描いてあるものがタイムラインで指定された時間見えるようになり、時間経過とともに、見えるセルが変わることで動いて見えることはわかったと思います。

 この、タイムラインに指定されるセルには、フォルダを指定することもできます。
 フォルダ名で指定することで、セルであるフォルダ内にいくつものレイヤーを置くことができるようになり、線画と彩色用のレイヤーを入れるなどなど、使い方が大きく広がります。

◆重要!!
◎タイムラインにはセルとして、フォルダを指定することもできる。 
◎セルとして指定するフォルダは、必ず[アニメーションフォルダ]の中になければならない。

 実際にやってみましょう。


●タイムラインにセルとしてフォルダを指定する

 今回は、ラフにそって、線画、彩色用のセルを入れていくフォルダを作りましょう。


 清書するカットの冒頭に移動します。
[新規アニメーションフフォルダーを追加]ボタン①をクリックします。


 新しいアニメーションフォルダーが追加されます。
 フォルダの名前の部分をダブルクリックして、フォルダ名を「清書」に変更します。


 つづいて、[新規アニメーションセルを追加]ボタンをクリックし、新しいセルを作成します。
 清書フォルダーの中に、新しいアニメーションセル[1]が追加されます。

 次に、[レイヤー]パレットで、新しくできたアニメーションセルを長押しして、出てきたウィンドウから、[フォルダーを作成してレイヤーを挿入]をクリックします。


[レイヤーパレット]で、清書フォルダの下に新しいフォルダ[1]ができ、その中にレイヤー[1]があります。

 わかりやすくなるように、レイヤー[1]の名前を[線画]に変更します。






◆注意!!
◎この状態では、清書フォルダの下にできた新しいフォルダ[1]がアニメーションセルとなっており、その下のレイヤーは、レイヤーであって、単体ではアニメーションセルに指定されていません。


 フォルダ[1]の中に、もう一枚レイヤーを追加します。
 レイヤーパネル上部の[新規ラスターレイヤー]ボタン①を使用します。

 清書フォルダの中のフォルダ[1]の中に、新しいレイヤー[レイヤー1]が追加されました。





 このレイヤー1の名前を[カラー]に変更しておきます。





 もう一枚[新規ラスターレイヤー]を追加し、名前を[影]としておきます。





 この状態で、[新規アニメーションセルを追加]①ボタンをクリックし、新しいセルを作成すると、清書フォルダの中に、セルであるフォルダ[2]が作成され、その下に、先ほどと同じように、[線画][カラー][影]の3枚のレイヤーが作成されます。

 タイムラインパレットで位置が一つ右に動いています。
 これは、同じタイミングに同じフォルダ内の2つのセルを同時に指定できないためです。




 対応するラフの画像の枚数に合わせて[新規アニメーションセルを追加]し、[線画]レイヤーにラフで描いた絵を線画で清書し、[カラー]で色をつけ、[影]で影色(場合によってはハイライトなど)を入れていきます。セルであるフォルダの下には何枚ものレイヤーを入れることができますので、必要があればレイヤーの枚数を増減しましょう。

 これを順番に繰り返して、清書します。


0 件のコメント:

コメントを投稿